墨田長屋

長屋外観1Fcafeスペ-ス二つのスペ-スを繋ぐテ-ブル階段2Fゲストハウスドミトリ-の開口和室切取った漆喰壁と埋め込んだ丸太梁天井を撤去した後の和室ドミトリ-内部グレ-の漆喰が印象的な2FOct.15 墨田長屋opening party演奏:starpeople

所  在  地:
東京都墨田区
用  途:
cafe+ゲストハウス
構  造:
長屋木造2階建て
竣  工:
2017年
施  工:
サ-ジ
撮  影:
高田洋三+馬杉真理子+na
東京下町、墨田区にある築60年の長屋をcafe+ゲストハウスにリノベ-ションしたプロジェクトです。 片側二車線の大きな通りに面していますが、一本脇道に入ると路地や長屋、軒先の植物が下町らしさを感じさせてくれる地域です。 1Fはcafe+ゲストハウスのレセプション。 両スペ-スは仕切らずにお互いの領域をあいまいにして、使い方や空間に広がりをもたせています。奥の 小上がりまで続くテ-ブルとペンダントライトの光は、両スペ-スを繋ぎ、また道行く人々の意識を中へと引き付ける役割も担っています。 客室のある2Fは様々な人が一つ屋根の下に過ごしている事を感じられるように、既存の天井を落とし小屋組と屋根の形を見せています。 ドミトリ-の壁にあけた窓のような開口、三角屋根のある和室、街灯のような照明器具、路地のような廊下。 2Fが一つの街でゲストがそこの住人のように感じられたら・・・という思いで設計しました。

墨田長屋 https://sumidanagaya.com/
長久保健二設計事務所
千葉県船橋市田喜野井4-29-8-305 tel: 047-401-8280
墨田office/ 東京都墨田区八広2-47-14
copyright © 2018 KENJI NAGAKUBO