the japantimesに〝墨田長屋〟が紹介されました。

2018.02.28

墨田長屋がある京島~八広は古い長屋や路地が残っている地域で
Nagaya nostalgia:
というタイトルで地域に残っている長屋とともに紹介されています。

一口に長屋といっても、周囲の環境や接道条件によってその印象は異なります。
片側二車線の幹線道路沿いに立ち並ぶマンションやビルの中、取り残されたような二階建ての墨田長屋。
都市の中、周囲とのコントラストがおもしろいです。
良く見るとこの幹線道路沿いには、結構長屋が残されていて驚きます。
近くには30軒ほど集まった長屋があり、連続する屋根や軒、住む人によって変化してきた開口部など、見事です。
完全に一つの街、景観を形成しています。

長屋や路地といった昔からあるものだけでなく、古いものに手を入れて新しい価値を見出している場所や人々がいます。
3月9日からこのエリアで39ア-トin向島というイベントが行われます。
散策がてらぜひ、この街にお越しください。
墨田長屋にはcafeもありますのでご利用ください。

墨田長屋hp

長久保健二設計事務所
千葉県船橋市田喜野井4-29-8-305 tel: 047-401-8280
墨田office/ 東京都墨田区八広2-47-14
copyright © 2021 KENJI NAGAKUBO