ミナ ペルホネンも寅さんも つづく…

2020.02.26

東京現代美術館でのミナ ペルホネンの展覧会に行ってきました。
皆川さんのデザインは自然からの影響を受けたものが多いようです。デザインスケッチや自身が好きなものを見ると強くそう感じます。おおらかさを持ったデザインというんでしょうか、個性的ではあるが強く主張しすぎない。そんなところが多くの人々の共感を得るのだと思います。田根剛さんの会場構成が建築的ですごく良かったです。色彩、フォルム、次のスペ-スへの高揚感を生む演出。さすがですね-。それにしても枠にとらわれない皆川さんのデザイン。爽快感すら覚えます。

あと、大好きな寅さん。50作目の映画を見にいきました。こちらは、涙涙の連続でこの映画を見て、心から寅さんを好きでいて良かったな-と思いました。ラストの空港でのシ-ンや寅さんの夢をかなえてくれた、満男と山田洋次監督に感謝です! 100年つづくブランドにしたいと思っている皆川さん、そして寅さんも永遠に、つづくのです。

長久保健二設計事務所
千葉県船橋市田喜野井4-29-8-305 tel: 047-401-8280
墨田office/ 東京都墨田区八広2-47-14
copyright © 2020 KENJI NAGAKUBO