東京

2021.08.16

今日から仕事再開です。夏休みは家で音楽を聴いたり、本を読んで過ごしました。オリンピックもあり「東京」にまつわる本をこの夏は読みました。 【ずばり東京】 開高健による前回の東京オリンピック1964年前後の東京のルポ。嘘のような深夜タクシ-の出来事や、客と亭主の軽妙な会話が楽しい屋台のおでん屋。孤独の芸術スリの話、もう失われてしまった当時の世相を除き見れます。 【東京の空間人類学】 まず、... [more]

  

ラワンとサクラ撮影

2021.08.09

マンションリノベ「ラワンとサクラ」の竣工撮影を行いました。引越しが済んで新しい生活が始まった状態での撮影ですが、まったく心配していませんでした。施主のセンスの良さを実感していましたから。予想通り家具のセレクション、適度に植物が配置された空間の心地良さ。すごく良かったです。このすまいは、一つの空間の中に異なる雰囲気を持つ場所を設けるため、家具や自立した壁でゆるやかに区切っています。撮影の合間、スマホ... [more]

  

相談会、セミナ-のお知らせ

2021.06.30

事務所で行っていた相談会ですが、コロナ蔓延を鑑み7月、8月は中止させていただきます。コロナが落ち着き次第、再開したいと思います。 汐留にあるパナソニックのショ-ル-ム1F、trmにてセミナ-に登壇します。リノベ-ションにおける『古いものを活かしたデザイン』について事例を紹介しながらお話します。7/24(土)13:30~14:30 trmのhpから申し込みください。... [more]

  

マ-ク・マンダ-ス

2021.06.12

東京都現代美術館で開催されている『マーク・マンダ-スの不在』展を見に行きました。オランダ生まれの現代アート作家で時間を感じさせる彫刻作品が多いようです。大きな頭の彫刻作品は、彼の頭の中のかつての王国の廃墟なのでしょうか。椅子とテーブルの作品は、あるべきものがそこに無いために感じる、不安や緊張。テーブルの片側には脚がなく、彫刻の突っ張りとワイヤ-の引っ張りでバランスを保っている様に見えます。二つの作... [more]

  

土浦の窓

2021.05.28

茨城で新しい設計が始まりました。木造平屋のリノベーションです。畑や多くの木々が見え、緑豊かな眺めが広がる場所です。窓から見える景色を取り込み、また室内に設けた窓からすまいの風景やアート作品を切取る計画です。音楽とア-ト、ネコが好きな施主でみんな僕が好きなこと。楽しみながら、しっかりと空間を作っていきたいです。 ... [more]

Archive

長久保健二設計事務所
千葉県船橋市田喜野井4-29-8-305 tel: 047-778-5371
墨田office/ 東京都墨田区八広2-47-14
copyright © 2023 KENJI NAGAKUBO